年間スケジュール

SCHEDULE

2021年1月

〈窯ぐれ〉75年の究み
栃木県文化功労者 『瀧田項一陶芸展』
令和3年1月16日(土)~1月31日(日)

2021年2月

文星芸術大学から巣立った期待の陶芸家
『第3回本巣秀一&梶原慶治二人展』
令和3年2月6日(土)~2月21日(日)

2021年3月

栃木の漆芸の若き牽引者
宮原楓翠 漆芸展
令和3年3月6日(土)~3月14日(日)
11:00~17:30(水曜定休)
繊細で多様な乾漆作品をご堪能いただけます。
益子焼の旗手・濱田窯三代目
『濱田友緒陶芸展』
令和3年3月21日(日)~4月4日(日)
11時~18時(水曜・木曜定休)

2021年4月

期待の若手女性陶芸家たち
『第六回 翔女会展』
   大谷祐里枝(山形県) 織田恵美(石川県)
   酒井紫羊(岐阜県)  増原嘉央理(北海道)
令和3年4月10日(土)~25日(日)
11時~18時(水曜・木曜定休)
大谷祐里枝(山形県)
(左)風露
(右)ボウル
織田恵美(石川県)
赤絵細描瓶
酒井紫羊(岐阜県)
釉裏紅細水指「山帰来」
増原嘉央理(北海道)
紅白鮮金彩茶碗「水影」

2021年5月

インド細密画
『モハメッド・アリ・カーン・ゴーリ展』
令和3年5月14日(金)~18日(火)
多彩な陶額と素材を活かした木工作品
宇都宮和男(益子)&戸田忠煕(南那須)二人展
令和5年5月22日(土)~6月6日(日)
11時~18時(水曜・木曜定休)

2021年6月

拓版画の第一人者と木彫アート
坂本冨男&木葉悦 二人展
令和3年6月12日(土)~20日(日)
11時~18時(水曜定休)
坂本冨男 拓版画「緑の丘」
木葉悦   木彫「リスくん」
コロナ禍を打ち払う
藤原郁三陶彫展
多様な邪鬼と如来や菩薩像のほか、陶彫雲華紋の器を初出展
令和3年6月26日(土)~7月11日(日)
11時~18時(水曜・木曜定休)

2021年7月

塩釉陶芸と金魚絵付けのプロ
『佐久間藤也(益子)&安田直子(館山)二人展』
令和3年7月17日(土)~8月8日(日)

2021年9月

拓版画の新星
臼田ひとみ 拓版画展

拓版画の創始者・笹島喜平に学んだ坂本冨男氏の弟子
若々しい新鮮なデザインと色使いで好評
9月4日(土)~19日(日)
11時~18時(水曜・木曜定休)
全国から選抜した約25人の作品集結
令和に輝く作家たちの酒の器展

全国から選抜した
1970年代生まれの秀逸作家のぐい呑をメインに

出展予定作家(2月1日現在、敬称略)      
新 学 (三重)井口大輔(栃木)伊藤栄傑(新潟)
市野秀作(兵庫)氏家昂太(宮城)加藤一郎(山口)
各務賢周(岐阜)岸田 怜(長野)佐藤美佳(神奈川)
澤岡織里部(滋賀)鈴木大弓(三重)田中 孝(岐阜)
谷口ちさと(京都)高橋奈巳(東京)田村星都(石川)
竹村友里(石川)辻村 唯(奈良)釣 光穂(石川)
寺田鉄平(愛知)花井健太(鳥取)朴木友美(石川)
三戸綾乃(栃木)

[追加予定] 4月の「翔女会展」出展者
大谷祐里枝(山形) 織田恵美(石川) 酒井紫羊(岐阜) 増原嘉央理(北海道)
他に交渉中数名
9月25日(土)~10月10日(日)
11時~18時(水曜・木曜定休)

2021年10月

築窯40周年記念
第4回 荻原毅久 白磁展
10月16日(土)~ 31日(日)
11時~18時(水曜・木曜定休)

2021年11月

陶芸の道50年
第4回 村田 浩作陶展

濱田庄司に師事した父・村田元に学んで50年の記念展
11月13日(土)~ 28日(日)
11時~18時(水曜・木曜定休)